Taki Kensetsu

『木のぬくもりと素材へのこだわりによる家づくり』 瀧建設の日記

完成見学会のお知らせ【静岡市駿河区】

ただ今、8月24日・25日の完成見学会に向けて完成直前の工事で現場は暑さに負けず、がんばっております。 表情豊かなタイルの作り付け家具や、無垢の木材豊かなインテリアや外観。 見どころいっぱいです! 完成見学会は予約制でご案内させていただきます。ご…

『木を魅せる家』とてもセンス良く生活していただいてます!

以前ブログ紹介しました『木を魅せる家』のご家族お引越しを済まされ生活3ヶ月目です。ご家族とてもセンス良くカーテンや雑貨で飾っていただいております。 今回はプロの写真家さんに撮影していただきました。 前回の生活感のないマッサラな雰囲気から、と…

『ナチュラルあふれる美容室のある家』

『ナチュラルあふれる美容室のある家』 前回のブログに引き続き今春完成した新築住宅の紹介をさせていただきます。 打合せ当初よりスケッチなどで確認し合いながらイメージを組み立て、木の質感や職人の手作り感あふれる職人の製作者など、ナチュラルな雰囲…

『木を魅せる家』の完成住宅紹介

今回のブログは、最近完成した新築住宅の紹介です! 今回の住宅のテーマは『木を魅せる家』。 お客様から新築のご依頼をいただき、当初から外壁を始め、木の質感や雰囲気を楽しめる家を作りたいとのご要望をもとにプランニングがスタートしました。 それでは…

『トイレを楽しもう!』

今回は『トイレのインテリア』について紹介させていただきます。 トイレですので生活感のとても感じる部屋でありますので、インテリアとしては脇役で、機能重視の仕様の部屋で、なるべくシンプルに、 ・・・・・・とは思われがちですが 今回紹介させていただ…

『洗面所の新発想 ②』

今回は前回の『洗面所の新発想 ①』に引続き完成した作品を紹介しながら説明いたします。 洗面カウンターの素材は、お客様みなさん試行錯誤ご家族でタイルサンプルを見比べ、タイル選びのお時間を楽しまれております。 ご家族の好みのアクセントカラーの色を…

雨降って地固まる・・・地鎮祭行いました。

前日まで晴れていたのに、上手くは行かないものですね。地鎮祭当日朝から雨が降ったりやんだり…。テントの中でのスタートになりました。大きな法螺貝の音から始まりです。何回立ち会ってもこの音を聞くと背筋がシャンとしますよ。力がはいります。 終了した…

『洗面所の新発想 ①』

今回は洗面化粧台の紹介をさせていただきます。 瀧建設では洗面化粧台をショールームで見学し選んでいただくというスタイルではなく、スケッチや図面などでデザインを提案し材料を選んでいただいております。 そしてお客様のスタイルにあった洗面化粧台を職…

『ロードバイクを楽しむシューズクローク』

今回も前回に引き続き、「シューズクローク」「土間収納」のブログです。 お客様とはじめてお会いさせていただき、住宅を作るにあたりはじめにいただいたご要望が「ロードバイクの趣味を活かせる家」でした。その要望をもとに完成した住宅のシューズクローク…

『家族がわかりあえる家』の完成住宅紹介

前回のブログでのご案内の完成見学会も多くのお客様にご参加いただき、そしてお世話になりましたお客様に無事にお引渡しすることが出来ました。 今回のブログでは 完成した住宅を写真やスケッチによりご紹介させていただきます。 家族やお客様を招く玄関ポー…

『完成見学会』のご案内

この度お施主様のご厚意により島田市の中溝町で『完成見学会』を開かせていただきます。 日時:9月15日(土)と16日(日)の10時~16時 見学ご希望の方には案内図を送らせていただきます。 瀧建設の牧田までご連絡お願いします。 連絡先:080-4790-6579(牧田…

『スッキリ玄関の土間収納』

今回の紹介は、「土間収納」または「シューズクローク」とよばられるスペースです。 目的は主に靴や屋外雑貨を収納するためのスペースです。 玄関の下駄箱での収納が一般的ですが下駄箱以上の収納の必要や、玄関に物を置かずスッキリ、シンプルな雰囲気を希…

『築100年の家』④

『築100年の家』④ 『築100年の家』③に引き続きリノベーションの完了した住宅の紹介をさせていただきます。 リノベーションを終えて、このリビングはヨーロッパの古い民家の一室の風情を感じる 気もいたします。 リビングの隣に並び合うダイニングキッチン。 …

『築100年の家』③

『築100年の家』①と②とお客様との計画からリノベーション工事のブログ読んでいただいて、たいへんありがとうございました。 いよいよ今回は生まれ変わった住宅の紹介を始めさせていただきます。 玄関ポーチ エントランス 玄関扉は質感を高めるため既製ドアで…

『築100年の家』②

「築100年の家、波乱万丈な現場工事でした!」 お施主さまの計画の了解をいただき、いよいよ工事スタート! 新築とは違い、毎日毎日、図面通りに行かない現場判断の連続でした。 リノベーションのための初めの作業、間取、窓、床下をあらたに 作るための解体…

takikennsetu